クレジットカードのキャッシング機能

今や成人しているほとんどの人が持っているといっても過言ではないクレジットカードですが、その枚数は一人当たり2・3枚ほどなんだとか。その普及率は凄いです。

そんなクレジットカードですが、元々の使い方としてはショッピングを目的としている物だったようですが、近年ではそれに付け加えいろいろな機能が搭載されているようです。

中でも、三井住友ビザカードといったキャッシングも利用できるクレジットカードが近年では多くなっていて、逆に、本来のクレジットカードの姿ともいえるショッピング機能だけのクレジットカードの方が少なめになってしまっているくらいです。

creditcard-caching.jpg

そのため、手軽さにおいてもやはりクレジットカードと一緒になっているこのキャッシング機能を利用する人が多くなっているといわれています。

一昔前であれば、お金を借りるといったら、消費者金融をはじめ、銀行や信販会社といったところへ行って、キャッシングをするということが一般的でした。

しかし、その手間も全くないわけですから、便利な世の中になりました。ただ、このキャッシング機能については、1カ月単位で利用出来る額(限度額)が決まっています。

その金額に関しても、人それぞれに設定されています。何故なら、収入や借り入れする人の状況等は皆さん違うもの。そのため、クレジットカードの利用限度額も違うわけです。

このクレジットカードのキャッシング機能で注意すべき点はというと、例えば所有しているクレジットカードのキャッシング利用限度額が50万円の設定だったとします。

ショッピングで10万円使っていたとすると、キャッシングで使えるお金は40万円となります。つまり、ショッピングとキャッシングの合計が限度額となっているわけです。

クレジットカードの年会費

クレジットカードの年会費とは、呼んで字の如く1年間にかかる費用のことです。クレジットカードを発行するということは、その会社の会員になるわけなので、年会費が必要になるのです。

年会費というのは本来必要とするものではありますが、CMでもお馴染みの楽天カードは年会費無料ですし、現在では無料にしているクレジットカード会社も多くあります。つまり、クレジットカードには年会費が無料と有料のカードがあるということです。

creditcard-point.jpg

ただ、、年会費無料のクレジットカードに関しては、どうしても、付帯しているサービスが若干弱めだったり、提携カードのようなモノと思われてしまうところがあります。

そのため、有料のカードと比較すると、う~んと思うような事があるかもしれません。逆に、年会費有料のクレジットカードについては、充実した付帯サービスが基本になっています。

その代表が保険です。年会費が有料と聞くと、それだけで入会はちょっとと思う人もいると思いますが、利用次第ではその有料の年会費が有効に使えるということも多くあります。

カードに付帯している保険に関しては、国内・海外に適用しているものも多くあるので、旅行に多く行かれる方などにはありがたいサービスです。

年会費が無料のカードを持つか、それとも少々高くても有料にすべきかというのは、自分がどんな場面で利用するかということを良く考えて選ぶことが良いかもしれません。